音健協オンラインセミナー2021

音健協オンラインセミナー2021

厚生労働省/経済産業省 後援

2020年に引き続き、
皆様の安全を考慮しまして
音健協セミナーはオンラインにて
実施いたします!
是非、ご登録・ご参加お願いします。

平素より日本音楽健康協会の活動にご理解ご協力賜り誠に有難うございます。この度当協会では、人気講師の音楽レクリエーション講座と、有識者によるうたと音楽の効果を通じ、新しい日常を踏まえたオンラインセミナーを開催いたします。また、共催の第一興商が介護施設の業務効率改善をサポートするコンテンツも併せてご提案いたします。当オンラインセミナーを是非日頃の活動にお役立てください。皆様のご参加をお待ちしております。

受講受付期間
2021年7月15日(木)10:00 〜
12月31日(金)23:59
参加登録方法
  1. 1.参加登録フォームにご自身の情報をご入力ください ※昨年ご登録いただいた方はご登録のメールアドレスでログイン可能です
  2. 2.登録完了後の確認メールに、特設サイトのご案内をお送りいたします

参加登録はこちら

online seminer 昨年の人気コンテンツ

  • 特別講演
    ご存じですか? うたの効果

    鶴見大学歯学部教授斎藤 一郎超高齢社会がさらに進む中で、口腔機能を長く維持することは非常に重要なことであると考えられています。 うたで唾液の分泌量を増やし、健康な状態を長く保ちましょう。

  • レクリエーション
    楽しく運動の習慣化!
    音楽の持つ力!

    音楽健康指導士養成講座認定講師 島田 裕樹 adidas Functional Training Trainer/管理栄養士/介護予防運動指導員/音健協特任トレーナー 鷹見 美来 運動は継続的に行うことで効果が高くなりますが、運動の習慣化はむずかしい課題です。うたと音楽を活用することで、安全に楽しく継続出来る理由をお伝えします!

  • 特別講座
    パタカラで歌って、楽しく口腔機能を維持しましょう!

    音楽健康指導士養成講座認定講師島田 裕樹口腔体操として有名な「パ・タ・カ・ラ」の基本的な効果をご説明いたします。楽しくご利用者様に取り組んでいただくために、是非「パ・タ・カ・ラ」で歌ってみて下さい♪

参加登録いただくと
すべてのセミナーをご視聴になれます。
是非ご参加ください

参加登録はこちら

  • 日本音楽健康協会
    日本音楽健康協会のご案内

    一般社団法人 日本音楽健康協会 コロナ禍における日本音楽健康協会の活動案内と、人気が高まる音楽健康指導士のご案内

  • 通いの場
    銀座ウクレレ倶楽部 ≪ 第1話 ≫
    ~ウクレレ上達日記~

    プロ奏者 DAICHIと
    はじめてウクレレに触れるみなさん
    音楽を通じて生まれる「笑顔」「繋がり」「健康」「生きがい」。いくつになっても音楽は楽しい♬仲間たちと奏でるウクレレ上達日記!

  • 第一興商プレゼンツ
    "音楽のある”楽しい毎日”
    ~介護施設での活動事例~"

    品川リハビリテーションパークの皆さま うたと音楽は人の心を豊かにしてくれます。
    介護現場で取り入れられている“うたと音楽のチカラ”

  • レクリエーション
    オリジナル音楽レク
    ~四季の音楽レクリエーション~

    音楽健康指導士 横井 理砂 音楽に合わせて楽しく行えるオリジナル音楽レクリエーションを作成しました。黄色い手袋を着用し、見やすいように工夫しています!

  • レクリエーション
    笑って脳活♬スイスイ体操
    ~ わかっちゃいるけど、できやんわ 〜

    音楽健康指導士 笑顔繋がる☆三重の海の仲間たち 「スーダラ節」の音楽に合わせて楽しく行えるオリジナル体操です!楽しく脳トレも出来る内容になっています!

  • レクリエーション
    座って簡単!懐メロ体操♪
    ~ 星影のワルツ ~

    音楽健康指導士2級養成講座認定講師 島田 裕樹 座ったまま楽しく出来る懐メロ体操を作りました。無理なく体を動かしコロナフレイルを予防しましょう!

理事長挨拶

 世界ではまだいくつかの国で感染爆発が続いています。日本では強制的な法令が発令されていないにもかかわらず、この難局を乗り越えることができているのは国民の底力と言えるでしょう。しかしコロナ収束までの道のりはまだ長く、長距離レースとなることでしょう。
 さて、多くの人々の心に常に寄り添っている「うたと音楽」の活動のいくつかが感染リスクを抱えていると言われています。そのため仲間と一緒に歌うことや、うたに合わせて体を動かす事が制限されることで外出機会や人とのコミュニケーションが減ることに起因するフレイルの進行や、認知機能の低下と言ったいわゆる健康二次被害が大きな問題とされています。
 私共は、うたと音楽がこの健康二次被害の解決に役立つ多くの方法とその裏づけとなる多くの事例を知っています。これからはそれをICT等の活用で安心安全に届け、多くの人に人間らしくつながりと生きがいを持って過ごしてもらうことが「うたと音楽の新しいカタチ」であり、それを伝えることが使命であると考え昨年からオンラインセミナーを開催しております。皆様の学びはもちろん、職員様の研修や通いの場構築のヒントとなれば幸いです。
 既に多くの高齢者や医療・介護従事者のワクチン接種が進んでおります。みんなが集まり思いっきり歌える日もまもなく訪れるでしょう。我々は参画団体の皆様と多くの知恵を出し合いそれを皆様と共有することで、その日が最良の日となることを願っています。

一般社団法人 日本音楽健康協会
代表理事/理事長

戸塚 圭介